弾を撃てないのは完全に仕様であると受け止められるが、
その他の部分でデバッグは大事だなと思わされてしまいました。
弾がないから避けゲーで勝負なのか。
よく分かりませんが

下からの攻撃が援護で増えたとしても
自機の位置によっ誘導が出来たりは
不可能なのだろうか?
なんで複数バージョンが…
とかはまぁ置いておきましょう。
援護射撃にも無慈悲に殺される自機が哀れ…

援護射撃の位置が発射前に表示されるといった要素が付加されると
また違ったゲーム性が生まれるかもしれませんね。
弾があるから面白いのでは?弾をなくすなら他の要素を入れたほうがいいのでは?
こういうアホゲーは大好きです。笑いました。
シューティングゲームがまともに機能するまでの製作過程を見せ付けられたというのかな。
個人的には玉がない3が好きです。自分の援護射撃をよけつつ進むというのがなんか好き。
玉がない3aでようやくまともになったけれど、当たり判定の大きさはどうにかならないもんかなあ。
rubyでゲーム作っている人はじめてみました。
いようワシじゃよ右渡豆栗兵衛じゃよ。
男の玉とSTGの弾はないとやっぱり困るの。
シューティングはセックスだ!と渋谷洋一も言っておったぞ。
これってシューティングですか? アクションの間違いじゃないんですか?
大事な物を忘れては大変だということを学べました。
玉がない…女の子ですか。
玉がない…女の子ですか。