ゲームよりHPの小説がほどほどにダークで
個人的に面白すぎて困る。

それにしてもゲームの登場人物。
プラナリアを増やしまくって
いったい何に使う気だ。
まず、プレイヤーの魚に比べて、
異様にリアルなプラナリアが印象的ですw

プラナリアを増やす、という目的が斬新。
打ちまくると消すこともできるので、
説明書読まないタイプの人は
プラナリアを全滅させそうですw

増やす事と2つ頭を作る、
という目的がありますが、
それでもステージにあまり緩急がない、
というのが少々残念な所でしょうか。
イカ以外の障害となる仕掛けが複数あれば
化けそうな気がします。
双頭のソレが気持ち悪かった。養殖気分は悪くない。もうちょっと自キャラのアクションがスムーズなら。
こんなグロイ生き物をゲームにしようという発想がすごいです。
プラナリアがうようよ泳いでいる様は、見ていてなんとも異様でした。でも目が慣れてくると不思議と可愛く見えるんですね。
増やさなきゃいけない、死なないように避けなきゃいけない。相反する目的と条件がいい具合にジレンマしておりました。
イカは難しいですね。初期配置から外に出てこないことを願いながらのプレイです。
あと、プラナリアが増えてくると処理速度が落ちているような気がしてます。
いようワシじゃよ右渡豆栗兵衛じゃよ。
どう見ても精子じゃな。
プラナリアがキモかわいいです。
たまに増えすぎたプラナリアをかわしきれずに食われますが。
せめて、プラナリアを規定数に増殖させたらクリアだと助かったんですが・・・。
XIIIの方でしょうか。よく練って作られた、とてもよく出来たゲームだと思います。数を増やしたり変異させたりイカに刺されて死んだりとなかなか難しかったです。
二位票にしようか迷いましたが、印象票に入れました。
プラナリアン、可愛くない生物。マニアなんているのか。
プラナリアン、可愛くない生物。マニアなんているのか。