絵も話も好き。
自分の行動を考えさせられました。
場面や人物設定には何か深い意味があるように感じました。
このタイプの「ゲーム」は時初めてです。
イラスト付きの小説を読んで欲しいだけなら小説のコンテストへどうぞ。
さわりだけプレイしたが、画面が320×240と小さく、筆者の環境だとそのサイズはフルスクリーンも対応しておらず、プレイ環境があまりに劣悪だった。どうにかならないかとマニュアルらしきものを開くと、本編は日本語なのになぜか英語で記載されており、その時点でプレイ継続を断念。それでも物語の引きが強ければ続けたかもしれないが、残念ながら……。
前半は辟易しつつ読み飛ばしていたけど、
意外にも意外性があって良かったです。
期待していなかっただけに収穫でした。
でも、いくらキレイゴトを言っても風俗嬢はなあ・・・・・・。
お坊っちゃんがうまく丸め込まれたという気もします。

とても印象深いのがそのメロディーだった。
日々慌てている生活リズムから脱出して、物語のこのペースにのって、心を癒される旅一周まわってきたきがする。純粋な学生時代を思い出させると、人生っていうものが段階的にはっきりと分かれているなと感じた。最も楽しかった学生時代、そして社会人になって奮闘する毎日、また段々年をとっていくのも全て成り行きだ。いかに限られている時間のなか、なにかをやって結果を残していかないともったいないのではないかと気付かされました。結果は頑張ろう!人生をより美しく描こうぜ!
内容はともかく、ノベルでこの解像度はちょっと厳しいんじゃない?
10ページくらいでもういいやとなった。
もっと引きが欲しい。
えろい。ウィンドウサイズが小さいのはなぜ?