いろいろと勢いのあるゲーム。
様々なエフェクトを駆使してあったりと、要所が抑えられていますね。
ゲーム作者がたくさんいる部屋の会話がなかなかにしてシュールでした。
カオスな雰囲気のRPGらしきもの。普通のRPGの場合、記号化されたフィールドの上を、記号化されたキャラが行ったり来たりしていても、そこにストーリーを見い出すことが出来る。が、本作はRPGのフォーマットに従ったゲーム進行をしているにもかかわらず、どういう状況なのか理解に苦しむシーンが多く、ついていけなかった。
ボス?がどこにいるかわかりませんでした。
壮絶に笑わせて貰いました!
さも自分しか知らないように底の浅い知識をひけらかし、とりあえず下ネタ出しとけばウケるだろうという魂胆が丸見えの品性も知性も見当たらない台詞。
小学生だってこんなにアホな下ネタ乱発なんかしません。この程度のもので18禁ゲームなんて作ってるんですね。ある意味すごい。
ネタとしても中途半端。
カオスっぷりが良かった。ネタゲーっぽいのに、細かいところまで作ってあって驚いた
なんかすべてを出し尽くすんだ!という勢いが感じられて、すてきです。
気がついたらアイテムがわんさかありましたので、びっくりしました。
最終ボスで詰まったので、ステータス上げでいろいろふらついていたら、
屋上とか四天王とかさまざまな隠し要素を発見できて、サービス満点でした。

細かいところに嫌というほど仕込まれた○臭いネタに
作者の執念とこだわりを感じた。
これは間違いなく暇人の犯行
ブログで言ってる事と変わらない。
何がやりたいのか分からないし、そもそも面白くない。