貴方はこの作品を投じる事により、仏像投げという言葉を
一体幾ら欲しまた得たのでしょうか?
何かの縁ですから、私も一言差し上げておきましょう。
なかなかに洗練されたエンターテイメント的フィーリングッド。
ノベルはゲーム議論について
ある意味最たる明確な結論を出してくれた気がします。
気がするだけかな、天然だよね。
ドクダミ女史がキュート。
消去法で2位に投票しておきます。
フリーゲームコンテスト「星屑きらら杯」で話題になった某ゲームをオマージュした読み物。ラストの盛り上がりはなかなかのもので、こういうオチだとグラフィッククォリティの不統一などの突っ込みどころはどうでも良くなってしまう。欠点は、知らない人には意味不明なことぐらいか。(健闘に投票)
面白いです。
これで4日はかかりすぎでしょう。
ひどい。
いやすごい!複数のコンテストを又に掛けた壮大なストーリー
こういうのはもう古いと思うんだ。
意味がわかりません。

仏像を投げるなんて、なんてばちあたりなのでしょう。
消防士がいきなりテロリストになるとは、結末がすごい話でした。
まさかの展開 という意味では素晴らしい作品。
それぞれのキャラ絵の画風に何一つ共通点が無いところに
ある意味個性にも似た調整へのこだわりを感じた。
ラストの展開やエンディング、その他伏線に至るまで全て投げっぱなしという統一の仕方には恐れいった。
仏像の画像出したかっただけちゃうんかと。
ノベルゲーム粗製乱造作品その1。前作でノベルゲームが高い評価を得たことから、このような粗製乱造品が大量に生まれたのだろうが、せめてもう少し読ませるものを作って欲しい。