マッスル☆君の筋肉ナルシストキャラが面白いのと
オリジナル音楽が素晴らしいので健闘に投票。
意外とハマッた。1つ目しかやってないけど、フルスクしかできないのかなこれ、そこが残念。あと音量も調節できたらよかったのに。
ゲーム短編集というなら、コンテストそのものがそうであり、そこに個人の短編集を送りつける意味があるのか。意味が生じるとすれば、その内省の先に、であろう。
宇都宮仮面のRPGで初めて全部クリアできた。
あ、嘘、すごろくだけは無理でした。
うーん
頼むから一本に絞って限界までクオリティ追求してみて下さい!
絶対バカゲー界に君臨できます!
音楽はすばらしい。
ツクールってこんなこともできるんだね。自作曲がよかった。
音楽よかった。
もう少し作りこめば化ける気がするのになぁ
マッスル君は、レベル15でクリアーしました。ウイザードで稼ぎました。
マッスル君とあいぼうのセリフがシュールでよかったです。
すーぱーずもクリアーしました。妨害をおそれず、ゲームをつくり続けました。
落ちものボンバーゲームが止まってまともにプレイできなかったので残念です。
すごろっくは運悪くクリアーできないままです。
クリアー後に、おまけが出てくるシステムは、やる気を出させてくれるので、
また、挑戦してみようかと思うところがいい感じです。
やってない
どれか1つのゲームに特化すればもっと面白くなると思うのですが。マッスル君ならサブイベで肉体美コンテストに出場するとか、そういう細部に凝ってほしいです。
あと落ちものゲーとスゴロクはいらないです。
複数回プレイした上での感想は、技術的な細かい点をあれこれ言うのは無粋だということ。好きなものを作る、その過程はとても楽しい。この作品からは、そういった楽しさが伝わってくる。あれがダメだ、これがダメだと細かい点をあげつらうより、独特のタッチで手描きされた絵柄の不思議な世界観に浸るほうがいい。

くらりんぐソフトウェア外道すぎ

まっする君以外、ゴミ。
ゴミで豪華内容装うよりは
一本しっかりつくろうぜ。

まっする君も手を加えられる部分も多い。
武器屋キャラグラとかでないとか
うんこじゃねーの?
なめんなよ、ゲームってやつを。

マッスル君は許す。
いつものように、音楽は素晴らしい。自作ゲームの音楽としては水準以上は確実にあるだろう。
これに対してゲーム部分は、前回の短編集と比較しても劣化した感が否めない。前回は良くも悪くも「クソゲー」であり、未知の食べ物を手に取る感覚であり、それなりに中毒性もあった。しかし今回はどれも力を中途半端に入れすぎたためか、プレイする側にもストレスとして感じてしまう部分が多い。
あるいはdominusBのような、不親切ではあるものの硬派なRPGの延長線上の作品の方が、よかったかもしれない。