残念ながら、ネタのほとんどが実際にギャルゲー/エロゲー/恋愛ゲーでやりつくされたことで、今更に感じてしまった。10年前ならともかく、作者のセンスは古すぎるのでは。
意外と、とは失礼だが、面白かった。おまけやらのキャラ紹介はくどすぎる。
ヒロインの設定について楽しそうにしゃべっていて、ほのぼのしました。
宇宙怪獣が転校してきたところが、インパクトがあっておもしろかったです。

本気でこの恋愛ゲーム作りたくなってきた……ネタ的に大好きです。
地の文が少ないところがちょっと気になりましたが、さっくり最後まで読めました。
オマケは、ヒロイン紹介以外は蛇足かも。
自作ゲームネタをやるのだったら、絵も自作のほうがそれらしさが出てよかった。宇都宮短編集と比べると、「手作り感」の面で弱く感じる。

つまらん。
ゲーム中ゲーム劇とか、お前なめんなよ。

ノベル以外でも表現できるだろ。
安易にノベルに逃げる時点でうんこ。
第一、文章レベル低すぎる。
国語の教科書でスイミーでも読み直せ。
ごんぎつねでもいいぞ。