ただ、一本道なのが残念です。
とはいえ、ぐいぐいと引っ張る文章力があるので楽しかったです!
あと、効果音などの演出がとてもよかったです。
ミーをリードするでザンス←やめとけ
ストーリーが面白く、最後まで楽しくプレイさせて頂きました。
各キャラクターの感情が伝わってきます。
◎Σ◎
前回につづき演出に力が入っていた。
丁寧なつくりで面白かったです
もうちょっとテーマに奇をてらった所が欲しかったかな
短かったけどエフェクトが綺麗だったり、表情が豊かだったり、最後なんかも何かと豪華でした。
雪もかわいかったけど芹沢さんがしぶくて一番いい。
2位に投票。
え?漫才?
私はタイトル画面と序盤の大きなギャップに動揺しました。
芹沢さんと主人公が命のやり取りを仄めかす会話をする
あの最初のシーンの張り詰めた空気が・・・
ギャグに重点置きすぎて本編食いつぶしてるよ!!
着物を着たキャラが動いたり、表情が変わったりしたのがおもしろかったです。
ストーリーは、なんだかぞっとしました。
絵の手抜きが気になったな。
ギャク顔とか、なんかもうちょっとなんかできたんじゃね?
顔の中身だけいじってギャグ顔だから。

ほら、ギャグってポーズ的なものも相まって
なんかそういうの産むじゃん?
どうせやるなら、そこまでいこうぜ。

沖田興味ないわ。
内容は、興味ねーから。最後までいけんかったな。

サックリ読めてよかったのですが、やはり地の文はあった方が状況が分かりやすいと思います。演出でカバーできていましたが、ノベルなので文章を読みたいです。