第11回フリクラ総括

今回は9のゲームがエントリーされました。ダウンロード数は200、投票数は36でした。統一zipのダウンロード数は134、個別最高ダウンロード数は66でした。個別ダウンロードトップ3は十三叉路の手まり唄の66、エミリア伝の48、バトフィリアの42でした。

今回の1位はホラー系謎解きADVの十三叉路の手まり唄でした。完成度の高さ、怖いと言うよりも不気味な雰囲気、さらに適度な難易度が高評価に繋がりました。2位はアクションゲームのまろんがりでした。単調なゲームに見えて実は難易度が高いなかなかのアクションゲームでした。3位はk s gのエミリア伝でした。第9回コンテストのみつき伝αの2番煎じ的なゲームで、初回ほどのインパクトは無くも、そこそこ話題になりました。

4位のevolution swordは面白いアクションゲームでした。作り込みと面白さでは同ジャンルのまろんがりと良い勝負でしたが、ネタのインパクトで負けていました。5位タイのバトフィリアはダンジョン潜りゲームとして秀逸でした。しかし、ゲーム開始時では何をしたら良いのか解りづらかった点がありました。コンテスト中盤以降はグングン票を伸ばしましたが、今一歩及びませんでした。

5位タイのGGGと6位のバグらチオンは両方ともSTGでしたが、プレイの内容はかなり異なっていました。操作性と取っ付きやすさでGGGの方に軍配があがりました。

今回のフリクラは初参加の方が多かったのが特徴的でした。フリクラは新人大歓迎なので、どんどん応募を待っています。後は実験的な感じのフリーゲームが多数ありました。この手のゲームはどうなの、と思う人もいましたが、間口の広いフリクラでは問題ありません。最後に、その中で完成度が頭一つ分抜き出ていた十三叉路の手まり唄が一位になったのも頷けました。次回フリクラは1月29日開催予定です。